30代の転職ポイント

30代の転職ポイントの紹介

転職面接では忍耐力を試される

 中高年の方が転職活動を行う場合、最も重視される要素はそれまでの経験や所有している資格、業務に役立つスキルなどその人が企業で即戦力として機能してくれるか否かという点です。そのため、転職面接時においてもそうした具体的な話を中心に進められることが多く、秀でた能力のある方は高齢にも関わらず案外アッサリと内定を得てしまうケースも珍しくありません。

 

 一方、20代・30代の若者が転職する場合には、まだ個々人にそれほど経験やスキルの差がないことが多いため、面接官は別のポイントを重視してみています。特に若い人を採用する場合には、20年、30年と企業で共に働いていくことになる可能性も高いため、人間性の部分を注目して判断されています。中でも職場内でのコミュニティを円滑に保つために重要とされているのが、忍耐力の高さです。

 

 忍耐力が高いとは具体的にどういったことを指すのかと言うと、自身の希望した業務でない仕事を任されても快く受け入れ取り組む、失敗や仮に理不尽な出来事で叱られることがあっても聞き流すことができるといったことなどが挙げられます。企業に勤めていく中で、上記のようなことはたびたび経験しますので、毎回そのことに対して反発をしていれば、職場内でのムードを破壊してしまうことにつながり兼ねません。

 

 そして、どんな人材が忍耐力が低いとみなされるのかというと、極端に自己アピールの強い人や理由付けが多すぎる人などです。こうした人は、否定されるとすぐに反発したり、やる気を失ってしまうと判断されることが多いため注意が必要です。逆に飾り気のない自己アピールをする人や素直な人柄を感じさせる人は、高く評価されることが多いため、そうした点に留意しておきましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ