情報収集を重視した転職活動

情報収集を重視した転職活動

 転職活動は、自分を会社にアピールする営業活動だけではなくて、主に応募する会社の情報を収集するための活動です。中途採用における面接は、ほとんどの人が応募した人を採用する人を選ぶ場所としての印象があります。

 

 採否の選考の権限は企業側にあるが、採用された場合の入社の権限は、最終的に応募者にあります。つまり、転職活動の際の採用選考においては、応募者が応募している会社に就職してよいかどうかを吟味して、企業に対して入社を選ぶ視点を持つ事が重要です。従って、面接の場においては、自分のアピールだけを念頭に入れずに、多くの情報を収集する事も怠ってはいけないのです。

 

 面接で一通り面談が終わったら、ほとんどの採用担当者は応募者に対して何か聞きたいことを要求してきます。聞きたい事を採用担当者が言ってきた時は、必ず分からない事や思っていることを質問します。

 

 採用担当者に配慮して、質問したい事に関して印象を悪くするという不安を持つ人もいるが、聞きたい内容によって採用担当者がやる気の表れと評価する場合も多いのです。

 

 面接や会社訪問では、ひたすら質問を投げかけてよいというのではなくて、面接官の話している事をじっくりと聞いて、理解してから思っている事を質問します。面接官の質問に的確に答えてから、自分の不明な点などを尋ねます。ただし、質問で注意する事として、給料などの待遇などの条件の面に関する質問を行う時です。待遇などの条件面に関しては、企業から説明があるケースが多いので、事前に待遇などを確認して、不可解な部分だけを聞き出すのが普通です。


ホーム RSS購読 サイトマップ