給料の質問は「タブー」ではありません

給料の質問は「タブー」ではありません

待遇面の質問はした方が良いです

 多くの転職や面接関連の本に掲載されている「タブー」。実際にこれらは質問してはいけないことなのでしょうか。実際は面接などのときに質問をしておいた方が定着率が高くなるということで企業側も質問して欲しいことがその「タブー」の中に含まれていたりします。その一つが給料の額です。もちろん、求人募集の要項に書かれている金額よりも高く欲しいという交渉をしてはいけませんが、経験に応じて給料を決定するというタイプの場合には面接のときにある程度の額を提示した方が良いです。

 

給料は納得できる額にしましょう

 転職をするわけですから、自分の実力やキャリアに見合った金額をもらえるように働きかけるのは労働者として当然の権利です。もし、こうした給料の額の質問が「タブー」だという企業であれば、たとえ入社したとしても待遇面で常に不満が残る結果になる可能性が非常に高く、継続して仕事をすることができない環境になり、結局のところまた転職することになってしまいます。それを避けるためにも、給料などの譲れない待遇面を面接の際に擦り合わせておくことは絶対に必要なことなのです。タブーだと思われていることも、実際の現場を見れば違うことがあるので先入観を持たないことが重要です。

ホーム RSS購読 サイトマップ