転職面接を成功させるための心構え

転職面接を成功させるための心構え

面接官に長所を理解させよう

 転職の面接は面接官の質問に応募者が回答する形で進むのが普通です。ただ、面接官は応募者については何も知らないわけですから、面接官が質疑応答を通してあなたの長所を見つけだしてくれると期待してはいけません。面接官の理解を期待するのではなく、こちらからアピールになるような回答をするようにしましょう。面接官に自分の長所を理解させてやるという気持ちが大事です。

 

分かりやすく簡潔に話す

 アピールするのは大事なのですが、アピールしたい気持ちが空回って、質問への回答が長くなりすぎるのはよくありません。面接時間は限られていますし、話が長くなると面接官も理解するのが大変になります。簡潔にアピールして、そのアピールに対して面接官がさらに踏み込んだ質問をしてきたら、より詳しくアピールするというスタイルが望ましいです。

 

誇張するのは禁物

 アピールしたいけどアピール材料が無いと思うと、ついつい今までの実績やスキルを誇張したくなります。しかし、そんなことをしても面接での質疑応答を通して、本当の実績とスキルを見破られてしまうのがオチです。もし仮に誇張を見破られずに採用されて転職したとしても、その後に職場で苦労することになります。誇張することなく、ありのままの実績、スキルをアピールするように心がけましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ