海外の貿易会社へ転職した経験

海外の貿易会社へ転職した経験

 以前は日本の生命保険会社で勤務していました。仕事の内容は気に入っていましたし、収入も安定していて同僚や職場環境にも恵まれて、何一つ不満はありませんでした。とはいえずっと夢見ていたことがありました。

 

 一つの会社や仕事で経験を積み、安定した人生を送るのも立派だと思いますが、いつかは海外の企業に就職して外国で生活したいという目標がありました。せっかくの命、短い人生なので色々な仕事や生活を若いうちに経験したいと思いました。海外に何の関係もなかったので、できることから準備を始めました。

 

 まずは外国語の勉強から始めました。外国語を勉強するようになると、自然に外国の生活や文化や考え方に触れるようになりました。また積極的に海外旅行にも出かけるようにしました。色々な場所へ旅行に行ってみると、日本での常識が決して世界の常識ではないことを痛感しました。次第に外国人の友人も増えるようになりましたが、ひとりの友人から海外の貿易会社で働いてみないかと紹介してもらえました。

 

 どんな会社なのか全く分かりませんでしたが、願っていたチャンスが訪れたので、すぐに転職することにしました。海外に転職してから数年が経ちました。今では転職してよかったと思っています。もちろん生活環境や職場環境は日本よりも不便ですし、収入も低くなりましたが、貴重な経験という財産を得ることができました。海外への転職を希望している方は、勇気を持って積極的に行動していただきたいと思います。自分にできる小さなことから準備をして、願いを持ち続けていれば、チャンスは必ず訪れると思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ