転職面接をクリアするポイント

転職面接をクリアするポイント

 転職したいけど、まず何から始めたらいいのか分からないと悩んだ経験はありませんか?多くの人が利用している最もオーソドックスな方法としては、ハローワークへの登録が挙げられます。就職支援をメインとした公共の機関ということで、信頼度は高いです。また、無料で求人を公開できるため、企業側も利用しやすいということで、求人が集まりやすいという点にメリットがあります。

 

 手続きの主な流れをざっくりと説明すると、以下のようになります。
1. 自分が住んでいるもしくは就職を考えている地域のハローワークに行き、希望条件等を所定の用紙に記載し提出します。(意外と内容が細かいため10〜15分程度必要)
2. 窓口の職員さんから利用方法についての説明を聞き、希望や転職理由について簡単なやり取りを行います。(その場で実際にいくつかの求人を紹介してもらう場合もあります)
3. その場でも後日でも、気に入った求人があれば、窓口に申し出て求人票と紹介状を発行してもらいます。
4. 求人票等に記載されている方法で企業へ応募します。

 

 求人の検索方法としては、ハローワーク内の求人検索機を使用する、自宅でハローワークのインターネット検索を利用する、ハローワークからの求人紹介を受けるなどの方法があります。

 

 インターネット検索を利用する場合には、ハローワークで交付される求職番号を入力すると表示制限のかかっている求人情報を見ることができるため、ハローワークでの登録後に検索を行う方が効率的です。

 

 企業へ応募する際に必ずと言って良いほど必要となってくるのが、履歴書・職務経歴書・紹介状の3点セットです。履歴書は何となく作成できそうな感じがすると思いますが、職務経歴書は転職をしない限り書く機会がありません。そのため、書き方が分からず悩んでしまう方も多いようです。

 

 ハローワークを介して企業と連絡を取る前に、職務経歴書の書き方を調べて用意しておいた方が良いかもしれません。ちなみに、履歴書は手書き、職務経歴書はパソコンで作成したものが無難でしょう。

 

 また、じっくり探したい、次に働き始めるまで少し期間が欲しいという方の場合には、ハローワークの再就職支援制度を有効に活用するのもひとつの手です。

 

【特集記事】
25歳の転職について
25歳はキャリアアップを目指した転職をしよう!

 

 知名度が高いものとしては、「失業保険」が挙げられ、利用者も多いのですが、意外と見落としがちなのが「再就職手当」です。その名の通り、ハローワークもしくは派遣紹介業を通じて就職するだけで、一定額の手当てを受け取ることができます。期間や条件などはありますが、これらの公共の制度を有効に活用してお得な転職活動を行うことをおすすめします。


ホーム RSS購読 サイトマップ